信頼をベースに、中立な立場から税理士を仲介してくれる業者

「税理士」になるには国籍や年齢などは関係ありませんが受験資格として、大学・短大または専門学校の法律学・経済学を学んだ者、2年以上または1,700時間以上の総授業時数の条件を満たしている者、法人・個人の会計事務所に3年以上従事した者などです。

試験科目は11科目の内 5科目で、必須課目の簿記論・財務諸表論の他は得意科目が自分で選択できます。

一度合格した科目については一生有効なので、一度に5科目合格できなくても良いというメリットがあります。

試験に合格した後、2年以上の実績経験を積み、日本税理士会連合会の税理士名簿に登録する事が決められています。

実務経験については、合格の前でも認められるので、実際には合格前に経験を積んでいる人が多いようです。

登録後 各税理士会が調査をして、やっと「税理士」になれるのです。

実際に「税理士」のお仕事としては、税金の申告を代理で作成・提出できる事や、会計帳簿の記帳など個人や中小企業などの法人がほとんどですが、その他には 個人の財産の運用や相続などのお仕事もあります。

しかし「税理士」として、もう一つ大切な仕事があります。それは顧客にとっての「良き相談相手」です。

イメージ的には「税のスペシャリスト」などといったすごく硬いイメージがありますが、大きい企業・小さい企業に関わらず人を雇っている方には、金銭問題・精神問題などなかなか人には言えない事があります。そういったどんな相談を聞く事も税理士として大切なお仕事なのです。

「税理士」の国家有資格者は過剰気味と言われている中で、どんな「税理士」が生き残っていくのか、必要とされていくのか考えさせられると教科書などで学んだ事以外にも、人と人の間には大切な事、「信用」があってのお仕事だと思います。

信頼をベースに、中立な立場から税理士を仲介してくれる業者を見つけました。

サイトを初めて拝見しましたが、とても分かりやすく説明が細かくされていて好印象を持ちました。

上から一通り読んでいき、一番印象に残ったのが【担当者が 決算に詳しく、お客様・税理士双方と面談しているのは弊社だけです】というフレーズです。

「硬い」「怖い」「難しい」といったイメージをもたれやすいものです。
直接、税理士の方とお会いするのには、少し勇気のいる事なのかと思いますが、まずは、会計に詳しいコンシェルジュにお会いし、知識や経験が豊富な事など実感でき、コミュニケーションで安心・信用した後、条件に合った税理士の方を、紹介して頂けるというところがとても良いと思います。

しかも【弊社だけです】と言い切っているところに心強ささえ感じます。

実際に税理士の方を、目の前にすると、慣れい方は何をどのようにお話するのか、特に初めて事業をされる方など、初心者の方には分からない事ばかりなので伝えたい事も、伝え切れないまま望み通りに行かない事もあると思います。

実際 事例にもあるように、相性が合わないと感じたり、融通が利かないなどの問題もあるように、初心者がいきなり自分にぴったり合った税理士を見つけるには、すごく難しい事だと思います。

しかも、24時間体制で対応して頂けたり、事業をしている者として大切なお金の事なので簡単に決めれるものでもなく、かといって、そこに時間を費やす事も出来ない方には、一番大切な「時間」に追われる心配がないのもメリットだと思います。

相談の後 条件に合った 税理士を紹介して頂き、いざお会いするという時にも、担当のコンシェルジュの方に付き添って頂けるのにもとても驚きました。

コメント欄にもあるように、事前にコンシェルジュの方お会いし、お話させて頂いてるので お互いに効率良く、余計な時間を削減でき、ただ相談・紹介して頂くだけでは無く
最後まで責任を持って対応して頂ける事に信用性が高いと思いました。

税理士からの推薦の声でも分かるように、正確さ・信用性などから依頼する側からはもちろん依頼される側 会計事務所からも信用の厚い紹介業務のまさにプロフェッショナルなんだと分かります。

最後にここまで 対応して頂けるにも関わらず「無料」だという事。
何度紹介して頂いても、相談させて頂いても この価格だという事。

本当にすべてにおいて、10年間培ってきた「信用」「豊富な経験」「実績の高さ」から成り立っている会社なんだと実感致します。

補足ではありますが、社長ブログからも社長の人の良さやこの仕事への前向きな姿勢が伺えました。